news_mein

初公開品を含む約440点の貴重な資料から高岡を再発見!「高岡のお宝展」、高岡市立博物館で開催中(〜10/11)

2020.08.19 UP

国指定史跡「高岡城跡」(高岡古城公園)内に立地する高岡市立博物館は、今年で開館50周年。

これを記念し、日ごろから収集されている高岡の歴史・民俗・伝統産業等に関わる様々な資料を厳選した約440点の「お宝」を8月1日から10月11日(日)まで展示・紹介しています。

たとえば上の写真(提供:高岡市立博物館)。これは「渾天儀(こんてんぎ)」と呼ばれる天体の位置を測定する器具で、この原理を発展させたものが現代のプラネタリュームです。中心の球が地球を表し、江戸後期には太陽と月の動きを説明する器具として利用されていました。支柱に細かな木彫がなされていたり、台座に漆の塗られていたりと丁寧な装飾が施されていますが、これらはすべて高岡の職人たちの手によるもの。高岡市指定文化財にもなっており、高岡の工芸史上においても特筆すべき資料です。

また、高岡初の町絵師・堀川敬周(江戸後期)が俳人・松尾芭蕉を描き、現三重県出身の画家兼俳人が芭蕉の句を書いた合作が今回初公開されています。高岡市出身の算学者・筏井満好(江戸期)が低いところの水を高いところへ登らせる「揚水車」の研究について記した書物「自然登水車(じねんとすいしゃ)」も、県内では初公開です。

このほか、常設展示場では、「高岡ものがたり -楽しく知ろう!ひらめき・ミュージアム-」と題し、高岡市の歴史・民俗・伝統産業などをジオラマ、タペストリー、映像、各種体験コーナーなどで分かりやすく紹介しています。

今の暮らしと昔の様子を展示資料で結びつけることで、新たな気づきや発見があるかもしれません。

 

高岡市立博物館開館50周年記念 特別展「高岡のお宝展」

【概 要】

・会  期:2020年8月1日(土)~10月11日(日)

・開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

・会  場:新館企画展示室

・入 館 料:無料

・休 館 日:月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)

・チラシ

   表 https://www.e-tmm.info/2020_otakara1.jpg

   裏 https://www.e-tmm.info/2020_otakara2.jpg

 

【会期中のイベント】

<展示説明会>

・日 時:2020年9月5日(土)、10月3日(土) 各日14:00~14:30

・参加無料(申込は電話にて(0766-20-1572)。先着10名)

・申込開始 9月5日(土)〔申込開始:9月1日(火) 9:00から〕

       10月3日(土)〔申込開始:9月29日(火)9:00から〕

 

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により中止する場合があります。

※当日はマスクを必ず着用ください。また、来館時に検温を実施します。高熱等で体調が悪い場合は参加をご遠慮いただく場合があります。

 

◎高岡市立博物館

https://www.e-tmm.info/index.htm

 

高岡を活動の拠点とするアーティストを応援!高岡市独自の補助事業の募集を開始しました。

2020.07.31 UP

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために活動の制限を余儀なくされている文化芸術団体の皆さんの継続的な創作活動を支援するため、このたび高岡市独自の2つの補助事業をスタートしました。

1つは、芸術(音楽、演劇、舞踊など)、伝統芸能(雅楽、能楽など)などの活動を行う文化芸術団体に対し、公演で利用することが想定されるホール等で練習する場合、令和2年7〜9月の利用に関して利用料金の一部を補助するもの。

もう1つは、公演やイベント、展覧会等の発表機会を喪失したアーティストに対し、創作活動を発表する動画を制作するために要する経費を補助するものです。制作された動画は、市のウェブサイト、YouTubeチャンネル等で発信します。

 

※画像はイメージです

 

 

いずれも応募期間は令和2年9月30日(水)までです。(ただし、予算に達した段階で、応募受付を中止します。)

それぞれの対象者や応募方法など、詳細は下記URLをご参照ください。

 

◎文化芸術団体のホール等を利用した練習支援について

https://www.city.takaoka.toyama.jp/bunsou/bunsou/shisetsuriyoushien.html

 

◎アーティスト(個人・団体)のオンライン発信用動画制作支援について

https://www.city.takaoka.toyama.jp/bunsou/covid19/onlineshien.html

 

地域で活動するアーティストの演奏をケーブルテレビで。ユニークベニュー番外編特別企画、無観客公演を7月から放映!

2020.07.08 UP

高岡市内外で活動するアーティストに高岡のまちなかでパフォーマンスをしていただき、音楽や踊り、伝統芸能など様々な芸術文化に気軽に触れることのできる「ユニークベニューTAKAOKAオンまちなかステージ」。

この事業は、文化活動を行うアーティストに活動・交流の場を提供するとともに、地域の方々に生のパフォーマンスを届け、文化芸術を身近に楽しんでいただくことでまちの賑わいを創出しようとするもので、昨年度から始まったものです。

 

 

昨年度に実施した様子

今年も多くのアーティストのステージを予定していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、屋外・屋内ともにコンサートを一時休止しています。

そこで、「ユニークベニューTAKAOKAオンまちなかステージ」特別企画として、無観客コンサートを収録し、高岡ケーブルテレビ9チャンネルで放映することになりました。

出演者のみなさんは以下のとおりです。

 

「四番街のマリー」(ハーモニカ)

  • 県西部のハーモニカ認定指導員5名で編成されたアンサンブルグループ。

  • 放映予定日 7月6日(月)~7月12日(日)

 

②「Tumbling Dice(タンブリングダイス)」(バンド)

  • 2019年に結成。富山県を中心にライヴ活動しているアコースティックユニット。ローリング・ストーンズの曲を中心にカバー。

  • 放映予定日 7月20日(月)~7月26日(日)

 

③「侍ロックス」(バンド)

  • 洋楽ロックユニット。熱き侍魂を持ったメンバーの融合で70‘s洋楽ロックを中心にカバー。

  • 放送予定日 7月27日(月)~8月2日(日)

 

④「Life in a Mafia Family」(バンド)

  • ブルース、R&B、オールディーズ など、3人3色がひとつになったグループ。

  • 放送予定日 8月10日(月・祝)~8月16日(日)

 

放送予定日の、7:00~、11:00~、15:00~に60分番組で放映されます。

※放送日時は変更になる場合があります。

 

コロナ収束後にまた生演奏が聴ける機会を心待ちにしつつ、ぜひテレビでも出演者のみなさんのパフォーマンスをお楽しみください。

 

【主催】公益財団法人 高岡市民文化振興事業団

「ユニークベニュー✕高岡CATV!」高岡ケーブルテレビ9チャンネル(7月6日~7月12日、7月20日~)放映予定!/【収録版】ユニークベニューTAKAOKAオンまちなかステージ

 

★関連記事

2〜3月「ユニークベニューTAKAOKA」ほかライブ情報!

 

伏木・勝興寺近くの道路にデザインマンホールが登場します!

2020.06.16 UP

 

高岡市伏木にある国指定重要文化財「勝興寺」の改修工事が2021年春に完了することに伴い、歴史に触れながら安心して散策できる歩行空間の創出を図るため、勝興寺から北前船資料館をつなぐ道路の修景整備の一環として新しいデザインのマンホール蓋に取替えを行うことになりました。
 高岡市及び伏木地区の観光PRと、広く市民の皆様に下水道を身近に感じていただく取り組みとして、デザインは富山大学芸術文化学部の学生が行いました。デザイン案は、学生80余名のなかから選考された5名に提出していただき、このうち1案を今年1月、地元住民や勝興寺関係者、デザイン専門家が選びました。採用されたデザインを作成したのは、富山大学芸術文化学部3年の和田彩花さんです。

 

デザインコンセプト(富山大学芸術文化学部 和田彩花さん)


勝興寺を中心に表し、周囲に大伴家持が越中で詠んだ歌にある「かたかごの花」を表すことで、勝興寺と富山の歴史を結びつけています。設置後数十年のあいだ地域と共にあるためには、永く愛されるデザインであるべきだと考え、ずっと変わらぬ姿で伏木の町にあり続けて欲しいという願いを込めて勝興寺の姿をシンプルに表現し、デザインの中心に置きました。
 勝興寺と北前船資料館を結ぶルートに設置されるということで、マンホールが道標のような存在になるように、伏木のけんか山の提灯、勝興寺御満座法要の大ろうそく、伏木灯明台に共通する灯りを黄色とオレンジの円で表現しました。


 

採用されたデザインマンホール蓋は、今年の12月末までに勝興寺から北前船資料館までの道路などに設置される予定です。

 

国指定重要文化財「雲龍山 勝興寺」本堂

 

和田さん以外の4名の学生も、伏木地区や勝興寺のことを時間をかけて調査し、それぞれ個性的で工夫をこらした素晴らしいデザインを提案してくれました。4名のデザイン案をご紹介します。

飯野那々子さん/道を覗き込むと伏木の魅力を再発見する。街並みと調和するようあえてモノクロのカラーを採用。

 

五十嵐悠さん/勝興寺御満座法要の名物「大ろうそく」が伏木で暮らす人々の営みを温かく照らす。地面には勝興寺が映る。

 

氏原栞さん/伏木の街並みに紛れ込ませた勝興寺と大ろうそく。見た人が気になり、地元の人と話すきっかけに。

 

酒井日向さん/勝興寺の装飾で特徴的な動物がモチーフ。本堂の周りには境内にある大木・イチョウの葉を模様に。

 

 

<デザインマンホール蓋の概要>

設置場所:高岡市伏木 勝興寺から北前船資料館までの歩車道等

設置時期:2020年12月末まで

設置箇所:18箇所(予定)

設置者:高岡市上下水道局

デザイン案作成: 富山大学芸術文化学部3年

・和田彩花さん(採用デザイン案作者) 

・飯野那々子さん 

・五十嵐悠さん

・氏原栞さん

・酒井日向さん

協力:富山大学芸術文化学部

<問合せ先>

高岡市上下水道局下水道工務課

電話:0766-20-1741

開館20周年記念!富山県内唯一の安藤忠雄建築「ミュゼふくおかカメラ館」で宮澤正明 写真展 「伊勢神話への旅」を開催中!(〜7/26)

2020.06.15 UP

伊勢神宮の正式記録写真家として、2005年よりはじまった伊勢神宮第62回神宮式年遷宮をはじめ、伊勢神宮の様々な表情や風景を切り取ってきた宮澤 正明氏。2013 年10月に行われた遷御の儀までの間に6万点に及ぶ作品を奉納してきました。

 

高岡市福岡町のミュゼふくおかカメラ館では、これらの宮澤氏の作品群を紹介する写真展「伊勢神話への旅」を7月26日(日)まで開催しています。伊勢神宮の神秘に包まれた荘厳な世界に包まれ、自然への感謝と神話と共に歩んできた日本人の心をたどってみませんか?

 

ちなみに、このミュゼふくおかカメラ館は、世界で活躍する建築家・安藤忠雄氏の設計によるもの。コンクリート建築の無機質な空間に、光と影が効果的に取り込まれたデザインとなっています。今年はカメラ館開館20周年記念の年でもあります。富山県内唯一の安藤忠雄建築となるこの建物自体の美しさも、一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

●宮澤 正明(みやざわ・まさあき)プロフィール

 

写真家・映画監督・ビジュアルディレクター

1960年東京都生まれ。

1985年、赤外線フィルムを使った作品「夢十夜」で、ニューヨークICPインフィニティアワード新人賞を受賞。2005年から、伊勢神宮第62回神宮式年遷宮の正式な撮影許諾を得て撮影を開始する。2015年、初監督を務めたドキュメンタリー映画「うみやまあひだ~伊勢神宮の森から響くメッセージ」で、マドリード国際映画祭・外国語ドキュメンタリー部門「最優秀作品賞」他の2冠に輝く。俳優、女優、アーティストの写真集は150冊を超え、広告・PV・CM撮影など、活動は多岐にわたる。

 

 

 

 

 

 

 

開館20周年記念

宮澤正明 写真展 「伊勢神話への旅」

【概要】

・会 期 :2020年5月19日(火)~ 7月26日(日)

・開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

・休館日 :月曜日(祝日の場合は翌日)

・入館料 :一般800円 高校・大学生400円 中学生以下無料

  ※土・日・祝日は高校生無料

  ※65歳以上は640円(免許証等をご提示ください)

  ※祖父母と孫が一緒なら入館料無料

  (祖父母は高岡市、富山市、砺波市、小矢部市、南砺市、射水市、氷見市、 

  滑川市、舟橋村、上市町、立山町、魚津市、黒部市にお住まいの方)

  ※リピーターは100円割引(過去にカメラ館で鑑賞したチケットの半券を提  

  示された、一般の方が対象)

  ※上記の割引は併用できません

 

【主 催】ミュゼふくおかカメラ館(公益財団法人 高岡市民文化振興事業団)

【共 催】高岡市 高岡市教育委員会 北日本新聞社 富山テレビ放送

【後 援】高岡ケーブルネットワーク FMとやま 富山シティエフエム

【企画協力】宮澤正明写真事務所

            M&M color http://www.m-m-color.com/index.html

 

◎ミュゼふくおかカメラ館 https://www.camerakan.com/

 

高岡の日本遺産をじっくり読める特選パンフレットをお送りします!オリジナルシールプレゼントも。

2020.05.29 UP

高岡市では、「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡-人、技、心-」「荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」の2つの日本遺産が認定されており、この物語が学べるタブロイドや小冊子などをセットにして、希望者に送付するサービスを実施しています。

お申し込みの方にはオリジナルシールのプレゼントも。

自宅での知的好奇心を満たすひととき。高岡の日本遺産についてじっくり学んでみませんか?

 

●パンフレットの送付内容

【Aセット…高岡発瓦版セット】

日本遺産の認定を記念して作成した、高岡市の歴史ストーリーを写真やイラストとともに解説したタブロイド紙2種類のセットです。

読み応えのある特集記事に加え、高岡で活動する方へのインタビュー記事やまち歩きのモデルルートなど、楽しく読める情報も満載です。

 

★高岡発瓦版:職人編(平成27年度作成・平成30年度改訂、タブロイド版カラー16ページ)

 特集…高岡の鋳物の歴史は、誇り高き7人の鋳物師から。/二大伝統工芸高岡銅器と高岡漆器/進化を続ける職人たち。など

★高岡発瓦版:北前船編(令和元年度作成、タブロイド版カラー16ページ)

 特集…北前船での航海って実際どうなの?/海の向こうへ、広い世界へ。堀田善衛のまなざしとは。など

 

↓↓試し読み↓↓

TAKAOKA発瓦版(以下のページに全文読めるリンク先あり)

 https://www.city.takaoka.toyama.jp/bunsou/nihonisan/kawaraban.html

 

 

【Bセット…フルセット】

Aセットに以下の3点を加えたフルセット

 

★北前船寄港地・船主集落38(A4版カラー68ページ)

北前船寄港地・船主集落を有する全国の自治体で構成される「北前船日本遺産推進協議会」が作成した公式パンフレット。

北前船に関する基礎知識は、北前船寄港地に関する著書などを手掛ける歴史紀行作家の加藤貞仁氏が監修。写真も多用された読みやすい仕上がりです。

 

★日本遺産「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡-人、技、心-」パンフレット(A4版カラー4ページ)

 高岡の日本遺産ストーリーの概要と、構成文化財、位置図をまとめた基本ガイド。

★日本遺産を旅する富山県高岡市(A4版カラー8ページ)

 歴史小説・時代小説を中心に多数の著作を持つ直木賞作家中村彰彦氏が、高岡の日本遺産を巡りながら歴史をひも解く紀行文。

 

雑誌「一個人」で連載された「日本遺産を旅する」シリーズの特別編集版です。

 

●うれしい特典付き

どちらのセットを申し込んだ方も、オリジナルシールがもらえます。

 

●申込方法

以下の2点を、郵送で高岡市文化創造課に送付してください。

 

1.送付先住所、氏名、年齢、連絡先(電話番号またはメールアドレス)、希望セット名を明記した用紙

(※個人情報はこの事業以外に使用しません。)

 

2.返信用切手(Aセットは140円、Bセットは390円分)

 

●申込先

 〒933-8601  高岡市広小路7−50

 高岡市文化創造課企画係宛

 

●受付数

 150セット(申込順)

 

●申込期間

 令和2年5月8日(金曜日)~令和2年8月31日(月曜日)

 

 

 

 

◎日本遺産に認定された高岡のストーリーについてもっと詳しく知りたい方は…

「加賀前田家ゆかりの町民文化が花咲くまち高岡-人、技、心-」

https://www.city.takaoka.toyama.jp/bunsou/nihonisan/nihonisan.html

「荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」

https://www.city.takaoka.toyama.jp/bunsou/nihonisan/kitamaebune.html

 

◎日本遺産ポータルサイト 

 https://japan-heritage.bunka.go.jp/ja/index.html