takaokalife_sub

高岡で活動・生活したい人

TAKAOKA LIFE

──豊かな歴史や文化に育まれ、伝統工芸をはじめとした、ものづくりが盛んな高岡。広々とした住環境や美しい自然、おいしい食べ物に恵まれたところでもあります。いま、全国から注目を集めるこのまちで、新たな事業を始めたり、まちづくりやものづくりに意欲的に取り組む人が増えています。ここでは、高岡に住みたい方、また高岡で活動を始めたい方へ、高岡市内の空き家情報などをご紹介。そのほか、まちづくりや文化イベントの求人・スタッフ募集や伝統産業、文化活動に取り組む団体などの求人、さまざまな活動や居住・商品開発を応援する補助金情報などもお伝えしていく予定です。新しい一歩を踏み出すために、ぜひ、ご活用ください。

山町筋の歴史的建造物を活用した複合商業施設で、商いを始めたい方募集中!

2017.01.11 UP

山町筋重要伝統的建造物群保存地区では、商家であった「旧谷道邸」をリノベーションし、複合商業施設「山町ヴァレー」として来春のオープンを目指すプロジェクトが進んでいます。旧谷道邸の建物は、明治時代に建てられ、その後昭和4年に北陸初の木造3階建ての洋館として改修された和洋折衷の歴史的建造物で、数年前まで文房具製造・卸販売を営んできました。
 
現在、大小3つの空間と5つの土蔵に出店する事業者を募集しています。施設の中央にはイベントもできる中庭があり、まちの人や観光客が気軽に集える場としての検討もされています。
 
テナントの詳細やリノベーションの進捗状況は、下記URLをご覧ください。
 
◎「山町ヴァレー」およびテナントスペースについての詳細はこちら
 http://yamacho-valley.strikingly.com/
 
◎リノベーション進捗状況はこちら
 http://ameblo.jp/tsuka-ds/theme-10099098745.html
 
 ■問合せ先:
㈱町衆高岡 「山町ヴァレー準備室」(担当:清水)
 TEL:0766−20−0555
 携帯:070-2644-1490
 Eメール:machisyutakaoka★gmail.com(★を@に替えてください)

郷土の歴史や文化を守り継ぐ活動。貴重なお宝「古文書」を楽しみながら調査・整理するボランティアを募集中!/高岡市立博物館

2016.11.10 UP

高岡の歴史や伝統産業、民俗を豊富な資料で伝えている高岡市立博物館。ここには、毎年市民等から寄贈される古文書など、まだまだ多くの貴重な未整理資料が眠っています。戦火を免れた高岡には数多くの史資料がありますが、圧倒的に読み手が不足しているのが現状です。

昨年(平成27年)4月、これらの博物館に眠る歴史的資料の調査・整理や、地域に所在する未調査資料の調査・整理を地域の人々の手で行おうと、「高岡古文書ボランティア」が創設されました。

高岡地域の歴史文化の振興・発展だけでなく、ボランティアの方々の学びの場となることも目指したこの活動。少しでも高岡の歴史や文化に興味関心がある方なら誰でも歓迎で、古文書がスラスラ読めなくても、皆で楽しみながら読み解いていきます。もしかしたら、高岡の歴史の新発見にもつながるかも!?

古文書調査・整理はまったくの未経験という方には、博物館で「初めての古文書教室」(>>該当記事はこちら)も開催しています。

豊かな学びの時間を求めている方や、高岡の歴史や文化を伝え残すことに一役買いたい!という方は、申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

■参加条件     
   《必須》「高岡市立博物館に親しむ会」(>>詳細はこちら)会員。
   《次のどちらか》
    ・古文書講座を受講したことのある方(博物館「初めての古文書教室」以外の講座でも可)。※「初めての古文書教室」>>リンク
    ・古文書調査・整理の経験のある方。
   ■参加費
  なし(ただし「高岡市立博物館に親しむ会」の入会手続きが必要となります)。
   ■活動日時
  平成28年度の活動予定日→4月2日、5月7日、6月4日、7月2日、8月6日、9月3日、10月1日、11月12日、12月3日、
      平成29年1月7日、2月4日、3月4日 【以降、基本的に毎月第1土曜日の午後2時~3時30分に開催予定】
 ■活動場所
  高岡市立博物館(〒933-0044 富山県高岡市古城1-5)
 ■参加方法
  申し込み不要(当日、博物館までお越しください)。
   ■事務局
   「高岡市立博物館に親しむ会」事務局
  担当: 仁ヶ竹 亮介(高岡市立博物館主査学芸員)
      ・電話0766-20-1572/FAX 0766-20-1570
      ・メールアドレス info★e-tmm.info (★を@に替えてください) 

 ◎高岡市立博物館       http://e-tmm.info/
  ◎「高岡古文書ボランティア」 http://www.e-tmm.info/h28_sitasimukai.htm#tkb
 

高岡市で活動したい人のための補助金一覧

2016.10.26 UP

新規開業、工房の開設に役立つ空き家活用のための補助金や、定住促進に向けた取り組みに対する補助金の情報を集めました!

 

●中心市街地や観光地周辺で新規開業する方への補助金
   空き家、空き店舗等で新規開業する方へ、賃借料や改装費等を補助するものです。

 >>「中心市街地への出店に関する支援」詳細はこちら

 >>「観光地周辺への出店に関する支援」詳細はこちら

 

●中心市街地以外の地域(伏木、戸出、中田、福岡町)の商店街で新規開業する方への補助金
   空き家、空き店舗等で新規開業する方へ、賃借料や改装費等を補助するものです。

 >>詳細はこちら

●新しく工房を開設しようとするクリエイター(工芸家、工業デザイナーなど)の方のための補助金
   空き家、空き店舗等の賃借料や改装費等を補助するものです。 

 >>詳細はこちら(次世代クリエイター工房開設支援事業)

●定住者受け入れの活動への補助金
   高岡市への定住者を受け入れる取り組みに対して補助するものです。 

 >>詳細はこちら(たかおかウェルカムサポート事業)

「高岡万葉まつり」のメインイベント「万葉集全20巻朗唱の会」で、イベントボランティア募集中!

2016.10.04 UP

10/7(金)〜9(日)に高岡古城公園で行われる「第36回 高岡万葉まつり」(>>詳細はこちら)。この中のメインイベントで、万葉集のすべての歌4516首をリレー方式で朗唱する「万葉集全20巻朗唱の会」のイベントボランティアを募集しています。

日時は10/7(金)〜9(日)の可能な時間で、内容は総合受付、出演者受付、衣装着付けなど。ボランティアの募集は、イベント当日も受け付けています。

◎問合せ先:高岡万葉まつり実行委員会(高岡市観光交流課) TEL 0766-20-1301 / E-mail kankou@city.takaoka.lg.jp

◎高岡万葉まつり  http://www.takaoka.or.jp/manyo/index.html

高岡駅前の楽しくて新しい未来をソウゾウするワークショップ、9/23(金)開催。ただいま参加者募集中!

2016.09.16 UP

「以前はよく駅地下や末広町、御旅屋通りに遊びにいったけど、最近行ってないなあ。」という方、あるいは「高岡駅前を通るけど、昔ほど賑わいがなくて寂しいなあ。」という方へ。
 高岡駅周辺の商店街関係者や様々な方と一緒に、「まちなかの賑わいづくり」をテーマに話し合ってみませんか。
 
高岡駅前が楽しくなることに関心のある方なら、老若男女を問わず誰でも大歓迎。ぜひご参加ください。
 
■日時:9月23日(金)19:00~20:30
■場所:ウィング・ウィング高岡 5階 503研修室
■参加費:無料
■参加申込:高岡市都市計画課(高岡駅前東地区まちづくり協議会事務局代行)宛にご連絡(担当:二口)
      TEL 0766-20- 1409 FAX 0766-20-1414
        toshi★city.takaoka.lg.jp(★を@に変えてください)
*会場設営の都合上、9/20までにご連絡ください。応募者多数の場合は抽選となります。
 
◎ Facebookイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/289374978095191/

まちつくり、ものつくりの企画スタッフ(正社員・パート)募集中!〜一般社団法人CREP4〜

2016.08.23 UP

高岡に点在するいろいろな人やもの、機能などをつなげながら、新たな価値づくり・価値発信を行っているCREP4が、現在業務拡大のため企画スタッフ(正社員・パート)を複数名募集しています!

経験、未経験を問わず、「高岡」でまちつくりやものつくりの企画を考え、そして実践を一緒にしてみたい方、ぜひチャレンジしてみては?

■業務内容など詳細は、info[at]crep4.com に、メールタイトル「スタッフ」で、お問合せください。(送信時は[at]を@に替えてください)

*CREP4(http://crep4.com/)とは・・・

Creative Platform 4 TAKAOKA, with 4C

(Culture, Communication, Collaboration and Community )