news_mein

高岡漆器のスゴさとは!?職人さんしか知らない世界を聞き出し、自ら体験し、じっくり語らう一夜限りのイベント、8/20開催!

2016.08.05 UP

 富山に根付き、受け継がれてきた「食」「ものづくり」等の歴史・文化を作り手から直に学べる場「TOYAMA TABLE」が、ここ高岡で8月から始まります。
 第一弾は、高岡漆器。高岡漆器を支える武蔵川剛嗣さん(武蔵川工房)と國本耕太郎さん(漆器くにもと)をゲストに招き、漆器ができるまでの工程や装飾、漆器の使い方や取り扱い方などの話を伺います。その後実際にやり方を教わりながら、各自で箸の螺鈿装飾を体験します。体験のあとはゲストも交えて美味しいお料理を囲みながら、じっくりお話しできます。
 「高岡漆器って何?」という方も、なんとなく知っているという方も、漆器の深い世界を覗いてみては?

■日時:8月20日(土)18:00〜21:30
 ■場所:高岡市 坂下町公民館
 ■参加費:5000円(ゲストトーク・螺鈿体験・食事会)
 ■定員:20名
 ■申込み方法:下記①〜③いずれかにて申込み
 ①Facebookイベントページ(https://www.facebook.com/events/643567122461841/)で参加ボタン
 ②メール toyama.table[at]gmail.comあて([at]を@に変更してください)に「名前、連絡先、参加人数」を連絡
 ③電話0766-25-2676

◎TOYAMA TABLE http://toyamarealproject.strikingly.com/

思わずどこかに貼りたくなる可愛いシール、配布しています!

2016.08.05 UP

このウェブサイトをもっと多くの方に知っていただくため、サイト内の関連イラストのシールを作成しました。高岡で活躍している人々を表現した6つのキャラクター(若衆・職人・まちづくり人・町役人・芸術家・旅の人)をはじめ、高岡市のまつりや伝統産業の象徴(御車山・梵鐘)が描かれています。高岡市役所(文化創造課)及び市内各所で順次配布していますので、お気に入りのアイテムなどに貼って、ぜひ高岡をアピールしてください!

■お問合せ:高岡市経営企画部文化創造課(TEL 0766-20-1255)

伝統的なものづくりの技を、高岡の伝統工芸職人から学ぶ 〜7/24(日)彫刻漆器体験、参加者募集中!@クルン高岡B1ギャラリー

2016.07.06 UP

クルン高岡B1ギャラリーでは、3ヶ月ごとにテーマが設けられ、毎月1回ワークショップが行われています。

5月から行われている「江戸時代の技」ワークショップの最終回は、高岡漆器の彫刻体験。天野漆器(株)で活躍の職人、野村毅史先生をお迎えし、漆器用の茶たくの木地に彫刻をします。体験後は先生が摺り漆の仕上げを施し、1週間後に手元に届きます(送料別途)。参加者はまだまだ受付中!大人も子どもも楽しめる人気のワークショップなので、どうぞお早めに。

■日時:7月24日(日)①10:30〜12:30、②13:00〜14:30

■場所:クルン高岡 B1ギャラリー
     http://b1gallery.curuntakaoka.com/shop
 ■参加費:3000円
 ■持ち物:エプロン、タオル、メガネ(必要な方)

■定員:10名/各回

■申込み方法:電話0766-50-8661、もしくは メール b1gallery[at]curuntakaoka.comあて([at]を@に変更してください)に「名前、住所、電話番号、参加人数」を連絡

 

新たなクラフトに出会える「クルン高岡B1ギャラリー」が2周年! 〜企画展「クラフトを楽しむ」(開催中〜7/11)、「文-具-」(7/13〜912)

2016.07.06 UP

高岡駅の地下街にある「クルン高岡内B1ギャラリー」は、様々なジャンルの作品が集まり、お気に入りの一品に出会うことができる「使い手」と「作り手」をつなぐ場所。

現在、全国のクラフト作家による作品を展示した2周年記念企画展「クラフトを楽しむ」を7月11日(月)まで開催。17名の県内外の作家、200点以上の作品を展示販売しています。

また、7月13日(水)からは「文-具-」と題し、夏の旅先での手紙をしたためたり、秋の夜長に読書を楽しんだりなど、日々をいろどる素敵な文具を中心に展示販売する予定です。

■会期:
 「クラフトを楽しむ」  開催中〜7月11日(月)
 「文—具—」      7月13日(水)〜9月12日(月)
   ■場所:クルン高岡 B1ギャラリー
     http://b1gallery.curuntakaoka.com/shop

■開店時間:10:00〜19:00(火曜定休)


■観覧料:無料

 

 

ボールペンを駆使した緻密でシュールな作風。御旅屋宏輝 個展「NICE TO SEE YOU」 6/30(木)〜7/10(日)@geibun gallery(芸文ギャラリー)

2016.07.01 UP

富山大学芸術文化学研究科2年に在学中の御旅屋宏輝(おたやひろき)さんによる個展が、高岡市御旅屋町にあるgeibun galleryで開催されています。

旧新作含め、10点強の作品が展示されるほか、会期中はほぼ毎日、ギャラリー内に特設したアトリエで公開制作も予定。最終日までに1点の作品が完成します。

御旅屋さんの世界観をぜひ堪能ください。

 

■会期:2016年6月30日(木)〜7月10日(日)<水曜定休>


■場所:geibun gallery(芸文ギャラリー)
www.geibungallery.jp


■開館時間:11:00〜19:00


■観覧料:無料

 

 

 

高岡クラフトコンペの30年を「もの・こと」から振り返る。 「工芸都市高岡クラフトコンペの30年」、高岡市美術館にて開催中!(〜6/26・観覧無料)

2016.06.22 UP

1986年から、工芸産地発の全国公募展として全国のクラフト作品を募集し、全国のクラフトマンやクリエーター達の交流の場となることを目指して開催してきた「工芸都市高岡クラフトコンペティション」。毎年、全国からの力作約800点が集結します。 今年は第30回を迎える記念の年!これまでの足跡を振り返るべく、歴代グランプリ作品や、クラフトが地域や企業に与えた影響から生まれた作品などを展示する記念展を高岡市美術館で開催しています。ぜひお立ち寄りください!

なお、今年の全国公募も7月10日まで受け付けています。

 

■会期:2016年6月17日(金)〜6月26日(日)<月曜休館>

■場所:高岡市美術館     http://www.e-tam.info/index.html

■開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

■観覧料:無料

※展覧会チラシ(PDF)はこちらから (http://www.e-tam.info/img/2016/cc30.pdf

 

◎工芸都市高岡クラフトコンペティション

http://www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/craft/

https://www.facebook.com/takaoka.craft

 

[画像]1. 2005グランプリ Bijoux 青木 良太 / 岐阜県土岐市、2. 2013グランプリ「ファクトリークラフト」華 篠宮 敏明 / 北海道札幌市、3. 2001グランプリ MODERN 下尾 和彦 / 富山県八尾町、4. 2012グランプリ「コンテンポラリークラフト」種種 大桃 沙織 / 新潟県新潟市