news_mein

「法隆寺 再現 釈迦三尊像展 –飛鳥が告げる未来-」3月20日(月・祝)まで!高岡・南砺の伝統技術と東京藝大の最新科学技術のコラボをお見逃しなく。

2017.03.17 UP

平成27年度から2年間かけて、高岡市・南砺市・東京藝術大学が連携して取り組んできた、国宝 法隆寺 釈迦三尊像の再現作業が完了。3月10日(金)から20日(月・祝)まで、ウィング・ウィング高岡で展覧会「法隆寺 再現 釈迦三尊像展ー飛鳥が告げる未来ー」が開催されています。 東京藝術大学が、法隆寺と文化庁から特別に仏像の計測許可を得て、3Dプリンターで原型を作成し、高岡銅器の職人による鋳造と井波彫刻の職人による台座の制作後、再び東京藝術大学で経年変化による傷や色合いの再現が施されました。本物は金網越しにしか見られず、もちろん触れることすらできない貴重な仏像が、素材から細部の表現に至るまで忠実に再現されています。

このほか、制作に使用された原型や石膏の型、東京藝術大学が復元した法隆寺金堂の壁画などが展示され、法隆寺金堂になぞらえて配置されています。法隆寺では絶対に見ることができない仏像の裏側を見たり、仏像や壁画、型などに実際に触れたりできます。高岡で初公開となり、間近で見られるのもあとわずか!ぜひ、会場へお急ぎください。

■日時: 平成29年3月10日(金)~20日(月・祝)10:00~18:00(入場は17:30まで)

■場所: ウイング・ウイング高岡 4階ホール、ホワイエ(富山県高岡市末広町1番7号)

■料金: 観覧無料

※3月18日(土)は、ギャラリートークおよび実演も予定しています。詳細は>>こちら<<をご参照ください。    

産地の可能性を見つけ、磨き、どう価値化していくか。3月16日(木)、デザインセミナーを開催!

2017.03.13 UP

越前漆器と眼鏡の産地である河和田地区では、7年間で30名を超える若者が移住し、地域と伴走しながら地域の魅力を伝えるため奔走しています。その鯖江を拠点に活動するデザイン+ものづくりユニット「TSUGI(ツギ)」代表の、新山直広さんを講師に迎え、デザインセミナーを開催します。人口減少や作り手の高齢化が進むなど、産地の存続を考えなければいけない時代。講師とともに、持続可能な産地のヒントを探ってみませんか。主に高岡の伝統産業に従事している方が対象ですが、ご興味のある方はどなたでも参加が可能です。

■日時   
 平成29年3月16日(木)18:30~20:15

■場所   
 ウイング・ウイング高岡 5階 研修室503

■講師
 新山直広(にいやま なおひろ)氏(TSUGI代表 / デザインディレクター)

(講師略歴)
 1985年大阪府生まれ。京都精華大学デザイン学科卒業。
 2009年福井県鯖江市に移住し、応用芸術研究所、鯖江市役所を経て現職。
 「支える・作る・売る」をキーワードに地域や地場産業のブランディング、自社ブランドの運営、地域の未来を醸成する様々なイベント企画を手がける。

*主な仕事
「RENEW」「SAVA!STORE」「Sur」「販路の教科書」「make.f PROJECT」「good goods fukui」など
 *TSUGIのホームページ:http://tsugilab.com/

■定員・料金    
 60名 /聴講無料 ※要事前申し込み

■申し込み・問い合わせ先  
 高岡市デザイン・工芸センター
 TEL:0766-62-0520 FAX:0766-62-0521
 E-Mail:tdcc★suncenter.co.jp(★を@に替えてください)

 
 ◎案内ちらしは以下より;
 http://www.suncenter.co.jp/takaoka/pdf/2016designseminar.pdf

高岡の「文化」ってなんだろう?一緒に考えてみませんか?2月25日(土)、「文化創造都市高岡市民会議」開催!

2017.02.16 UP

高岡の「文化」や「文化力」とは何かをあらためて見つめ、参加者どうしで自由に話し合う、「文化創造都市高岡市民会議」を2月25日(土)に開催します。高岡御車山会館を会場に、ユネスコ無形文化遺産に登録された高岡御車山祭の魅力に触れたあと、それぞれが思う身の回りの文化や、それぞれができること・やりたいことなどを皆で話します。

この会議を通じ、日常に息づく文化について視点を変えて眺め、日々の暮らしを再発見してみませんか。高岡市民に限らず、興味のある方なら誰でも参加できます。高岡の文化の一つでもある地元のお菓子や、お茶も用意していますので、お気軽にご参加ください。

■日時   
 平成29年2月25日(土)10:00~12:30(受付開始 9:30~)

■場所   
 高岡御車山会館(高岡市守山町47-1)

■定員    
 30名(先着順)/参加無料 ※要事前申し込み

■申し込み方法
 参加者全員の住所・氏名・連絡先電話番号を記入し、FAX・メールでお申し込みください。

■申し込み・問い合わせ先  
 高岡市経営企画部文化創造課 
 TEL 0766-20-1255   FAX  0766-30-7299
 E-mail bunsou@city.takaoka.lg.jp

 

 

【更新情報:活動する人】旅行者向けサービス「囲炉裏< IRORI>」代表、山崎慶太さんのインタビュー記事を公開しました!

2016.12.21 UP

「活動する人」のページにて、昨年東京から移住し、そこに暮らす魅力的な「人」を通して地域や伝統の魅力を伝える事業を展開している、山崎慶太さんのインタビュー記事を公開しました。

山崎さんが高岡に強く惹かれた理由と、現在の事業を営む背景とは。

詳細は記事をご覧ください!


>>該当記事はこちらから

高岡の職人100名による100の「そろり」。12月に富山、1〜2月に東京で展示予定!

2016.12.20 UP

高岡の鋳物メーカー「能作」が今年創業100周年を迎えることを記念し、高岡が誇る100名の職人が、各々の技術や創意工夫で「そろり」を製作しました。「そろり」とは伝統的な茶席の花入れで、能作の代表的な製品の一つでもあります。

高岡のものづくりの中心となっている金工・漆工は、研磨、着色、彫金など、それぞれの工程に秀でた職人たちの分業によって成り立ち、多様な加工技術の集積によって、素晴らしい製品が数多く生み出されています。今回の「そろり」製作においては、すべての職人が同じ舞台に立って1人1点を担当し、各自が得意とする手業を生かした作品を仕上げています。

これら100本の「そろり」が、この夏からの福岡・大阪に続き、12月に富山、1〜2月に東京でも展示されます。作品は受注販売されるほか、すべての「そろり」の特徴や製作の背景を紹介した書籍も同会場で販売されます。

 

高岡のものづくりの多様さと厚み、そして今を生きる職人たちの意識と技巧を切り取った展示を、ぜひご覧ください。

 

■展示日程と会場
  ・2016年12月21日(水)〜27日(火) 富山大和アートサロン
  ・2017年1月18日(水)〜24日(火)   松屋銀座7階 遊びのギャラリー
  ・2017年2月15日(水)〜28日(火)   日本橋三越本館5階 スペース#5
 ■お問合せ
  株式会社 能作  TEL 0766-63-5080  E-mail:info★nousaku.co.jp ※★は@に置き換えてください

 

◎株式会社能作 www.nousaku.co.jp