news_mein

高岡の金工・漆芸も、全国の工芸も。初夏の高岡市美術館で名工のわざに出合おう!

2017.05.30 UP

現在、高岡市美術館では、「コレクション展 工芸への誘(いざな)い 2017 -高岡の金工・漆芸-」(〜6月9日[金])、「第56回 日本伝統工芸富山展」(〜6月4日[金])の2つの展覧会が開催中です。

「コレクション展 工芸への誘(いざな)い 2017 -高岡の金工・漆芸-」では、明治期から現在に至るまでの高岡の名工たちの手による作品27点が並びます。第1回内国勧業博覧会に出品し鳳紋賞を受賞した「武人文大香炉」(二代横山彌左衛門、1877年)や、勇助塗の代表作「山水花鳥図茶棚」(初代石井勇助、明治時代)をはじめ、風格ある名品たちの美しさや芸術性に、間近でふれることができます。

「第56回 日本伝統工芸富山展」は、昭和36年に始まった展覧会で、金工・漆芸・木竹工・陶芸・染織・人形・諸工芸の7部門の公募・受賞作品に加え、人間国宝を含む全国の著名作家の賛助出品を、計約160点展示しています。高岡からは、人間国宝・大澤光民氏の作品のほか、金工・漆芸・陶芸・染織・人形の作家作品が23点出品されています。

<コレクション展 工芸への誘(いざな)い 2017 -高岡の金工・漆芸->
 ◼︎会期:2017年5月9日(火)〜6月9日(金)※月曜休館
 ◼︎観覧料:無料
 ※パンフレットは  >>こちらから<<
 ※出品リストは     >>こちらから<< 

<第56回 日本伝統工芸富山展>
 ◼︎会期:2017年5月18日(木)〜6月4日(日)※月曜休館
 ◼︎観覧料:800円(65歳以上640円、大学生500円、高校生以下無料。団体割引あり)
 ※パンフレットは  >>こちらから<<

<2展共通>
 ◼︎場所:高岡市美術館(高岡市中川1-1-30)※「コレクション展」は地階市民ギャラリーで開催
 ◼︎開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

 

◎高岡市美術館 http://www.e-tam.info/index.html

 <画像>
 (左)初代 石井勇助<<山水花鳥図茶棚>>(明治)高岡市美術館蔵
 (右)金森映井智<<象嵌鋳銅花器>>(1984)高岡市美術館蔵

町工場の技とアイディアを集めた、メタルアートの美術館。Factory Art Museum TOYAMAがグランドオープン!

2017.05.25 UP

高岡市福岡町で、アルミ削出加工、金型設計・製作、CNC三次元測定などを行う株式会社フジタ。同社の工場の一角に、4月8日(土)、「Factory Art Museum TOYAMA」がグランドオープンしました。工場の空きスペースを活用して生まれたこの場所には、全国の町工場で、切削、溶接、板金など、金属と日々現場で向き合う技術者たちから寄せられた、メタルアート作品が並びます。また、2階はフリースペースとして、ワークショップや企画展などの展開を考えているそう。

発案は、同社の梶川貴子社長。町工場というと「暗い」「汚い」「うるさい」というイメージを持たれがちだけれど、本当はいろいろなモノができる楽しい場所であり、たくさんの誇れる技術がある。そういったポジティブな側面に光を当てるため、「明るい」「美しい」「静寂」といったイメージの“美術館“を町工場と掛け合わせることで、面白い場ができるのではないか。—そのように考え、実現に向けて動き出したそうです。

作品の第1号は、自社の技術者によるもの。井波彫刻の欄間をアルミで削り出した作品はテレビ番組「ガイアの夜明け」でも紹介され、大きな反響を呼びました。また、資金調達にはクラウドファンディングも活用し、オープンの前から、共感や応援を寄せてくれる多くのつながりもできました。

ここが自社の広報的な役割を持つだけでなく、ここで町工場と町工場、来場者と技術者、デザイナーと技術者など、様々な人々が交わり、新たなものが生まれる場所にもなっていきそうです。現場クリエイターたちが生み出す金属の造形美を感じに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

尚、ミュージアムでは、金属を使ったメタルアート作品を募集しているそうです。
「創作意欲が掻き立てられた方、是非出展をお待ちしています!」(梶川社長)。

 

◉Factory Art Museum TOYAMA 概要
    ・住所  : 富山県高岡市福岡町荒屋敷525-9 >>アクセス(MAP)<< 
    ・TEL : 0766-64-3710  (株式会社フジタまで)
    ・FAX : 0766-64-5220
    ・料金  : 1,000円 (中学生以下無料)
    ・営業日時 : 月・火・水曜の10:00〜17:00
       ※木~日曜・祝日にご来場をご希望の方はお問い合わせください。
       ※不在の場合もありますので、事前にお問い合わせください。
       ※各団体の見学も受け入れています。お問い合わせください。
    ・駐車場 : 有り (5台、マイクロバス1台まで)

◎ホームページ  https://www.fujita-k.co.jp/art/
   ◎Facebook      https://www.facebook.com/FactoryArtMuseumTOYAMA/
   ◎クラウドファンディングのプロジェクトページ https://zenmono.jp/projects/131
   ◎作品応募用紙 https://www.fujita-k.co.jp/pdf/moshikomi.pdf

 

高岡の伝統産業をテーマとした映画「デンサン」(主演・キングコング西野亮廣)。高岡プレミア試写会後半戦、5月20日(土)・21日(日)に実施!

2017.05.17 UP

高岡の伝統産業をテーマに、「伝統を革新に変えていこうとするものづくり」を描き出す映画「デンサン」。地元高岡の多くの人々の協力や、クラウドファンディングによる資金調達を経て、今月5月、プレミア試写会が数回に分けて開催されています。

ゴールデンウイークに開催された前半日程の試写会で行われた舞台挨拶で、監督の金森正晃さんは、映画に込めたメッセージを以下のように述べています。

「加賀藩の前田利長が、この関野の地にまちを開いて400年。最初に高岡城ができて、約5年ですぐにつぶされてしまったが、今もまちが続いているのは、残された城下町の人々たちの挑戦するスピリットがあったから。僕らは、高岡の400年分の伝統を受け継いだ子孫。地域だから可能性がない、地方だから何もできないじゃなく、僕ら自身が可能性の化身となって、未来に向けていろんなことを挑戦していかなければいけない」。

プレミア試写会は、5月20日(土)・21日(日)も実施されます。高岡のものづくりの現場を知る人も知らない人も、「伝統」とは何か?今、私たちができる「挑戦」とは何か?を自らに問いかけながら、鑑賞してみませんか?

 

◼日時:5月20日(土)・21日(日)①10:00〜  
②13:00〜  
③16:00〜

◼場所:ウイングウイング高岡4F http://www.suehirokaihatu.co.jp/

◼当日券(協賛チケット):1000円

 

◎映画デンサン Facebookページ  >>こちらから

◎映画デンサン 公式ホームページ     >>こちらから  

本日より公開!コミカル&軽快なラップに乗せた、文化創造都市高岡のPR動画が完成!ラップバンド「ザ・おめでたズ」に、制作秘話も伺いました。

2017.05.12 UP

このたび、文化創造都市高岡のPR動画が完成しました!高岡のこれまで・現在・これからをラップで表現した楽曲『ライバルはご先祖様 feat.ayako』に乗せ、おなじみのご先祖キャラクターたちも登場します。

地域固有の多彩な祭りや伝統文化を大切に受け継ぐとともに、進取の気質に富み、挑戦を続けてきた先人の努力が、今日の文化創造都市高岡を形成しています。歴史ある祭や文化を今も受け継ぎながら、未来へとつないでいきたいという希望を込め、“高岡の前途を祝す”をコンセプトに、楽しくリズミカルな動画に仕上げました。

楽曲を担当しているのは、「日本を祝う」をコンセプトに高岡で活動するラップバンド、「ザ・おめでたズ」のみなさんです。「活動する人」ページにて、「ザ・おめでたズ」のメンバーの普段の活動や制作秘話に関するインタビューも掲載していますので、ぜひご覧ください。

>>インタビュー記事はこちらから!! 

◎文化創造都市高岡PR動画「ライバルはご先祖様 feat.ayako」 https://youtu.be/s4oQ-zvFby4
   ◎「ライバルはご先祖様 feat.ayako」メイキング映像 https://youtu.be/gXdHhMcsIJE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【歌詞】「ライバルはご先祖様 feat.ayako」

よしさあ行くぞ 利長さん築城から
400と余年 今はない御殿
でもまだまだあるよアレコレ
たとえば国宝瑞龍寺
まこと見事なシンメトリー
1人1人が受け継いだ文化
みんなが高岡の立役者
退屈はさせんライバルはご先祖さま

♪ラララ ライバルは
 ご ご先祖様 さま
 ラ ライバルは
 ごご ご先祖様 さま さま

じいちゃんの
じいちゃんの
じいちゃんの代
から受け継ぐ伝統ファクトリー
魅せるテクは一見の価値あり
新しい価値さがし 常に邁進
毎日働く 心意気はあの鋳物7人衆ばりに 全身全霊ブレイクスルー
俺らはガラは悪いが腕は良いクルー

廃城の逆境も なんのその
栄えた加賀藩の台所
Make Money 競った この町の文化
動く美術館 御車山
山町筋 残る街並み
ここに住まう人々の営み
心意気でつくるこれから
だから見守ってよ大仏様

二上山から雨晴
良いロケーションから湧き出るイマジネーション
切り込む視点の妙
新たな発想 吹き込むぞブロウ
ライバルはご先祖様 (そやね~)
そういつも想ってるただ (ながよ~)
勝ち負けじゃないでも勝ちたい
代々継がれる今にしたい

♪(繰り返し)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ライバルはご先祖様』
監督:羽田純(ROLE / )
音楽:ザ・おめでたズ「ライバルはご先祖様 feat. ayako」
出演:ザ・おめでたズ/ayako
イラスト:佐藤義隆
撮影:山田康太(オハコスタジオ)
編集:橋本佳也
デザイン:羽田純・平野愛(ROLE / )
ヘアメイク:幸田恵(COEUR)
プロデューサー:林口砂里(エピファニーワークス)
協力:高岡伝統産業青年会(イラスト一部提供)
製作:高岡市経営企画部文化創造課
©2017 高岡市

【更新情報:活動したい人】「新分野進出、新事業展開、販路拡大を図る方々を応援する補助金」情報を掲載しました!

2017.04.28 UP

「活動したい人」のページにて、新分野進出、新事業展開、販路拡大を考えている中小企業者の方に役立つ補助金情報を掲載しました。新技術・新製品の開発や、見本市等への出展、市場調査、地域資源の活用など、新たな展開をお考えの方はご検討ください。

 

なお、申請期間は、4月3日(月)〜5月15日(月)となっています。

 

    >>該当記事はこちらから

【更新情報:活動する人】高岡で創作活動をしている金工作家、上田剛さんのインタビュー記事を公開しました!

2017.04.24 UP

「活動する人」のページにて、金工作家・上田剛さんのインタビュー記事を公開しました。

(有)モメンタムファクトリー・Oriiさんで働きながら、金属の着色技法を用いた鋳金作品などを手がける上田さん。 上田さんが金属の着色技法に魅せられている理由、そして作品づくりを通じて生まれた、高岡との関わりの変化とは。 詳細は記事をご覧ください!

 

>>該当記事はこちらから