news_mein

【秋のクラフト4大イベント】金属、漆、ガラス、木工etc…。全国の作家の選りすぐりの作品を展示する、「工芸都市高岡2017クラフト展」とは?

2017.09.22 UP

高岡銅器・漆器・アルミ等の地元産業界と高岡商工会議所、高岡市が一体となって行い、今年で31回目を迎える高岡クラフトコンペ。若手作家の登竜門であると同時に、全国のデザイナーや専門家と地元企業や職人との間に交流を生み、新たな商品開発が数多く生まれるきっかけともなってきました。

「工芸都市高岡2017クラフト展」は、このコンペの入賞・入選作家の作品を集めた展示会です。今年は、家具製作時の端材を利用した「筆跡(作:北奥美帆)」(ファクトリークラフト部門)、ガラスの影が印象的な「線銀彩蓋物(作:佐々木 伸佳)」(コンテンポラリー部門)がグランプリを受賞。このほか、入賞・入選作品113種524点が一堂に会し、展示販売されます。

 

詳細は公式ホームページ(>>リンク<<)で!

 

<概要>

 ・開催日程:9月22日(金)〜26日(火)

 ・会場:大和高岡店4F催事場

 ・公式ホームページ: www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/craft/

 ・Facebookページ: www.facebook.com/takaoka.craft/

  

\こちらも注目!/

工芸・クラフト作家の作品がずらりと並ぶ、その他の展示企画をピックアップしました。

●作家のひきだし展

「高岡クラフトコンペ」入賞・入選作家による、コンペ作品以外の作品を展示販売します。入賞・入選作品とはまた違う作家の一面が発見できるかも。

・日時:9月22日(金)〜24日(日)

    ※会場①は10:00〜17:00、②は11:00〜20:00、③は12:00〜17:00

・会場:①山町ヴァレー(高岡市小馬出町6)、②Babooshka(高岡市末広町8−5)、③大菅商店(高岡市大手町12-4)

   >>詳細はこちらから!<<

 ●ギャザリング!

県内で活動中の工芸・クラフト作家による展示販売会。土日は作り手による直接販売会を開催するので、作り手との交流も楽しんで。

・日時:9月22日(金)〜24(日)10:00~16:00(最終日は15:30まで)

・会場:高岡市土蔵造りのまち資料館〔旧室崎家住宅〕(高岡市小馬出町26)

   >>詳細はこちらから!<<

ギャザリング!実施イメージ

 

【秋のクラフト4大イベント】千本格子と石畳の街並みのなかで、和の美と暮らしを捉えなおす1日に。「金屋町楽市inさまのこ」とは?

2017.09.21 UP

今年度で10回目を迎える「金屋町楽市inさまのこ」。400年の歴史を誇る高岡鋳物発祥の地で、今も風情ある町家が連なる金屋町を舞台に、工芸作品の展示・販売やファッションショー、お茶会などを開催するイベントです。 

今年度のテーマは「和ノ心」。衣食住の視点から、日本ならではの美の捉え方や生活のあり方、そして和の素晴らしさなどについて再発見させてくれるものとなりそうです。

 普段入ることのできない町家空間でのひとときや、様々なワークショップ体験、新進気鋭の作家や人間国宝の作品鑑賞などを通じて、特別な1日を過ごしてみませんか?詳細は公式ホームページ(>>リンク<<)で。

 

<概要>

 ・開催日程:開催日程:9月23日(土)〜24日(日)

 ・会場:金屋町石畳通り周辺

 ・公式ホームページ: www.kanaya-rakuichi.jp/www/2017.html

 ・Facebookページ: www.facebook.com/KanayamachiRakuichi/

 

イベントイメージ

 

\Pick Up!/

「金屋町楽市inさまのこ」の内容を一部ご紹介します。

(詳細は公式ホームページをご参照ください)

●金屋町茶会

「和敬清寂」をテーマとしたお茶会。気軽な立礼式、学生茶会、点心と薄茶席、招待作家席の4つがあり、お茶席経験者にも未経験者にも楽しんでいただけます。

●金屋町きもの通り

イベント期間中は、富山大学学生が着物姿でお出迎えするほか、着物ファッションショーも行われます。和洋の花々の形に結った「花帯」、現代風に着こなす「ハイカラMIX」、婚礼衣装をテーマとした「花嫁と花婿」の3つのテーマで、石畳の通りがますます華やかに。 

●ワークショップや実演いろいろ

金屋町のあちこちで、様々なワークショップを行っています。金屋町緑地公園では、熟練の職人が射込みや着色、彫金の技を公開。錫のぐいのみや箸置きなどの普段づかいができる小物づくりや、アクセサリーにも加工できるとんぼ玉づくりなど。

また、「おおてらハウス」や「大寺幸八郎商店」、「金屋町金属工芸工房かんか」でも、アクセサリーやキーホルダー、スプーン、小皿などの小物づくり(鋳物体験、金箔体験等)を通して、高岡銅器・高岡漆器に携わる職人さんの技が体験できます。

 

*「おおてらハウス」「大寺幸八郎商店」問合せ先 TEL 0766-25-1911

*「金屋町金属工芸工房かんか」問合せ先 TEL 0766-25-8550

 

ワークショップイメージ

【秋のクラフト4大イベント】展示、体験、食、音楽イベントなど全部で74ものコンテンツ。「高岡クラフト市場街」とは?

2017.09.21 UP

土蔵造りの歴史あるまちなみ・山町筋を中心に、高岡駅やその周辺、御旅屋通りなど、高岡の中心市街地で繰り広げられるイベント。クラフトの器で飲食が楽しめたり、伝統工芸や若手クラフト作家の作品が展示販売されていたり、ものづくり体験ができたりと、観て、食べて、歩いて70以上ものコンテンツが楽しめます。 

9月23日(土)の夜には、音楽とともに楽しむ「市場街ナイト」も。国内外で活躍する富山県出身の若手実力派ジャズドラマー、海野俊輔氏ほか、様々なアーティストが出演し、イベントを盛り上げます。一段と賑やかになる高岡のまちに、ぜひお越しください。

詳細は公式ホームページ(>>リンク<<)で!

 

<概要>

 ・開催日程:9月22日(金)〜24日(日)

 ・会場:山町筋を中心として、高岡駅および周辺、御旅屋町通りなど

 ・公式ホームページ: ichibamachi.jp

 ・Facebookページ: www.facebook.com/ichibamachi/

 

町家を改修してこの春オープンした山町ヴァレー

 

\Pick Up!/

「高岡クラフト市場街」の内容を一部ご紹介します。

●市場街レセプション@山町ヴァレー

高岡クラフト市場街・初日の夜に開催する、どなたでも参加できるレセプション。今年の高岡クラフト市場街の楽しみ方・見どころを紹介します。飲食(キャッシュオン)も楽しめます!

・日時:9月22日(金)18:00〜20:00

・会場:山町ヴァレー(高岡市小馬出町6)

・参加費 500円(乾杯のドリンクとオードブルをご用意)

   >>詳細はこちらから!<<

 

●バツグン工芸スーベニ屋

伝統産業青年会の工芸ショップが期間限定で登場。下は500円から、上は420万円(!)まで!今夏に新宿ビームスジャパンで開催された企画展「スーベニ屋」の巡回展です。

・日時:9月18日(月)〜9月29日(金) 11:00〜19:00

・会場:ROLE/GALLERY(高岡市白金町5-2 印刷ビル2F)

 >>詳細はこちらから!<<

 

●市場街ナイト

土曜の夜は、山町筋へ。クラフトビールにモヒート、ケバブを片手にフリーライブ!ご自由にお立ち寄りください。

・日時:9月23日(土)15:30〜20:00

・会場:山町ヴァレー(高岡市小馬出町6)

・出演者:海野俊輔trio〔Gt.荻原 亮・Ba.秋田ゴールドマン(SOIL&”PIMP”SESSIONS)・Dr.海野 俊輔〕、ザ・おめでたズ、Robin’s Egg Blue、富大ジャズ研、真理唯、MANO

    >>詳細はこちらから!<<

 

●タカマチバル

御旅屋町通りに設置された全天候型オープンカフェ。美味しいイタリアンやワイン、日本酒、カクテルなどなどが、真っ昼間から楽しめます!もちろん、お子様連れも大歓迎。

・日時:9月24日(日)12:00〜21:00

・会場:御旅屋通りメルヘン広場

   >>詳細はこちらから!<<

 

 

 

 

【秋のクラフト4大イベント】迫力ある、職人の現場を見に行ける!銅器団地オープンファクトリーとは?

2017.09.21 UP

高岡の伝統工芸「高岡銅器」に携わる企業のうち、32社が集結する「高岡銅器団地」。高岡銅器は、精錬、鋳造、加工、仕上、着色と、製品完成までの工程が分業化されていることが特徴の1つですが、この団地内ではその全ての作業がここで完結する場所なのです。

9月22日(金)・23日(土)に行われる「銅器団地オープンファクトリー」は、普段は一般に開放されていない銅器団地の様々な企業の作業風景や多彩な技術を、特別に間近に見ることができるイベント!

各々の工場開放時間を調べて個人で自由に回るもよし、職人やスタッフのアテンドについてツアー形式(※)で回るもよし。ツアー参加の場合は、なんと職人のみなさんがいつも食べているお弁当も付いてきます!

※ツアーのお申し込みは終了しました。

<概要>

 ・開催日程:922日(金)~23日(土)10:0017:00

 ・会場:戸出銅器団地エリア

 ・ホームページ:doukinomirai.jp/event/

 ・Facebookページ: www.facebook.com/doukidanchi/

 

 

\こちらもチェック!/

dd展〔9/14(水)~9/24(日)11:00~19:00〕

銅器団地オープンファクトリーで開放される工場の詳しい情報や注目ポイントなど、魅力をまとめた展示。銅器団地オープンファクトリーの予習・復習はここで!

・会場:芸文ギャラリー geibungallery.jp/

・料金:入場無料

9/22(金)〜9/24(日)は、高岡でクラフト系4大イベント同時期開催。伝統と最新のものづくりをとことん楽しみに、街に出よう!

2017.08.10 UP

例年、クラフト系イベントがまちのあちこちで開催される高岡の秋。昨年から同時期開催となり、ものづくりのまち高岡がますます盛り上がっています!今年も922日(金)~924日(日)に開催予定。4大イベントで訪れる人を楽しませます。

1986年から開催され、全国の作家の技の粋を集め、様々なジャンルの作品を展示販売する「工芸都市高岡2017クラフト展」。全国や地元の作家・職人のものづくりを「観る」「買う」「体験する」ことができる「高岡クラフト市場街」。千本格子(さまのこ)の町家と石畳のまちなみが美術館となり、工芸作品の展示やお茶会等を通じて和の心を感じる「金屋町楽市inさまのこ」。そして、伝統ある高岡銅器の工場が集まる銅器団地で、鋳造から仕上げまで歩いて回って見学できる「銅器団地オープンファクトリー」(今年初開催!)。

地元食材を地場の器で食べたり、いつもは開放されていない場所で手仕事のわざに触れたり、おもてなししてくれるまちの人や職人さん・作家さんと仲良くなったり。高岡の中心市街地約100箇所で開催される、クラフト万博のような3日間を、お見逃しなく!

 

◎工芸都市高岡2017クラフト展 www.ccis-toyama.or.jp/takaoka/craft/
 開催日程:9月22日(金)〜26日(火)
 会場:大和高岡店4F催事場
 Facebookページ: www.facebook.com/takaoka.craft/

◎高岡クラフト市場街 ichibamachi.jp
 開催日程:9月22日(金)〜24日(日)
 会場:山町筋を中心として、高岡駅および周辺、御旅屋町通りなど
 Facebookページ: www.facebook.com/ichibamachi/

◎銅器団地オープンファクトリー  doukinomirai.jp/event/
 開催日程:9月22日(金)〜23日(土)
 会場:戸出銅器団地エリア
 Facebookページ: www.facebook.com/doukidanchi/

◎金屋町楽市inさまのこ www.kanaya-rakuichi.jp
 開催日程:9月23日(土)〜24日(日)
 会場:金屋町石畳通り周辺
 Facebookページ: www.facebook.com/KanayamachiRakuichi/

日本の伝統産業×アート×先端技術。「工芸の未来」を提案するハッカソンが今秋高岡で開催!ただいま参加者募集中

2017.08.04 UP

「ハッカソン」とは、もともと、ソフトウエア開発者が短期間にプログラム開発やサービスの考案などの共同作業を集中的に行い、その技能やアイデアを競う催しで、hack(ハック)marathon(マラソン)を組み合わせた造語です。

近年、予測を超えた成果を生み出す手法のひとつとして注目され、今各地で様々な「ハッカソン」が行われています。

今回、400年以上の歴史をもつ金工や漆芸のまち・高岡で実施する「工芸ハッカソン」は、富山県内の職人・工芸作家と、国内の多様なジャンルのアーティストや専門家でチームを組み、工芸の価値や課題をあらためて探りながら、未来につながるコラボレーションを生み出そう、という試みです。

まずは9月の2日間〔923日(土)・24日(日)〕、高岡市の伝統産業ツアーにはじまり、参加者同士でディスカッションを行い、チームを組んでアイデアを深めていきます。その後11月までの自主活動期間を経て、11月の2日間〔1118日(土)・19日(日)〕では実際のプロトタイプ(試作品)を制作し、公開プレゼンテーションを経て最優秀賞などを決定します。

今回の試みは、エンジニアや研究者、アーティストなど、これまで工芸が出会ったことのない異分野の方たちとの対話を通じて、工芸の新しい未来を探るということだけでなく、異分野の方たちも古くて新しい価値観や技術に出合うことで、広く日本のクリエイティブ業界にとっても未来の革新につながっていくことを目指しています。

現在、この「工芸ハッカソン」の参加者を827日(日)まで募集しています。ハッカソンに参加しない一般の方も、11月の公開プレゼンテーションや、その後の巡回展によって、新たなアイデアに出合うことができるはず。

詳細はホームページをご参照ください。

◎「工芸ハッカソン」特設ページ https://kogeisummit.jp/hackathon/

このイベントは、北陸の工芸の魅力を世界に発信するために今年初めて富山県で開催する、「国際北陸工芸サミット https://kogeisummit.jp 」〔コア開催期間:20171116日(木)~1123日(木・祝)〕の関連事業です。